進化している通販の冷凍食品について

通販の冷凍食品を購入する時に気をつけること

食材のバリエーションが少ない

昔と比べると、冷凍食品のバリエーションは出てきていますが、それでもやはりワンパターンになってしまう感は多少なりとも出てきてしまいます。
宅食サービスであれば、色々なバリエーションで献立を考えてもらえますが、通常、単独で冷凍食品を購入するとなると、大体同じようなものになりがちと言えます。
自分の好きなおかずばかりになると、栄養バランスも偏りがちになるので、その辺りは気をつけなければなりません。
冷凍食品ばかりが悪いわけではありませんが、程よく利用するのが大切だと思います。
お掃除で言えば、洗剤付きの使い捨てシートと普通の雑巾を併用して使っていくほうがきれいになるように、栄養バランスと自分の能力や体力のバランスを上手く利用していくと、生活がしやすくなるのではないでしょうか。

旬の野菜に比べると割高になることもある

冷凍野菜は確かに栄養価が高く手間が省けて便利なのですが、量と値段を考えると少々割高の場合があります。
手間をかける時間がある時はなるべくスーパーなどで旬の野菜を購入し、時間がない時は冷凍野菜を利用する、のように使い分けをすることが大切です。
加工済みの冷凍食品に関しては、基本的に味が濃いのでお弁当用として使うほうが便利と言えます。
宅食サービスの冷凍おかずで、もし味の濃さが気になるようであれば、減塩メニューを選ばれると良いでしょう。
いくら便利でも、それに頼り切ってしまうのは、あまりお勧め出来ません。
全部ではなく、一部を上手く利用していくのが良いと思います。
冷凍野菜や加工済みの冷凍食品をそのまま使うのではなく、チーズをのせたりマヨネーズを和えたりと、一部分手を加えて使うなどしていくと、飽きずに美味しくいただけるのではないでしょうか。


TOPへ戻る