進化している通販の冷凍食品について

美味しい冷凍食品なら宅食サービスがお勧め

冷凍食品の特徴について考えてみよう

冷凍食品の特徴といえば、やはり調理済みもしくは下処理済みという点だと思います。
調理済みだから温めるだけで簡単にいただくことが出来るのは、冷凍食品の最大のメリットと言えるでしょう。
また、野菜もカット済みのため、袋を開けたらそのまま調理出来るのも嬉しいですよね。
今の時期でしたら里芋の煮物が美味しそうです。
里芋は生で購入すると、皮をむくのも面倒ですし、ぬるぬるして扱いづらいのですが、冷凍里芋を使えば簡単に煮物が作れます。
ほうれん草も、茹でて水気を絞り3センチほどの長さにカットするのも、時間がない時は少々手間を感じることもあるのではないでしょうか。
あとは「急速凍結」されている点、これも冷凍食品の特徴の一つです。
急速凍結されているため鮮度を保ったまま長期保存が可能という点は、いつでも新鮮な野菜が食べられるというメリットがあるため、健康面でも安心できますね。

冷凍野菜は栄養価が高い

冷凍野菜の最大の特徴は、急速凍結しているという点ですが、もう一つ挙げられるのが「栄養価が高い」という点になります。
それは、旬の野菜を新鮮な状態で保存しているからです。
冷凍野菜は「ブランチング」といって7割程度の加熱処理がされています。そしてその状態で急速凍結されるため、家庭で電子レンジで少し加熱するだけで美味しくいただけるのです。
急速凍結することで長期保存が可能になるため、旬の時期に野菜をブランチングして冷凍保存している野菜をいつでもいただくことが出来るというわけです。
旬の野菜は、やはり旬を外れた野菜よりも栄養価が格段に高いので、栄養バランスという点でも冷凍野菜はお勧めできます。
美味しく手間なく栄養価も高いとあれば、使わない手はないのではないでしょうか。


TOPへ戻る